Amazon ゲーミングデバイス祭り

11月1日よりインドネシア・ジャカルタで開催される「OMEN Challenger Series 2019」に出場する12チームが決定しています。

OMEN Challenger Series 2019

OMEN Challenger Series 2019はインドネシア・ジャカルタにて11月1日より11月3日の3日間にかけて行われる賞金総額5万ドル(約530万円)のオフライン大会です。中国等のアジアの各地域予選を勝ち抜いた11チームとホームインドネシアより招待された1チームの計12チームが出場し、日本予選ではAbsoluteがIgnisに勝利し本戦への出場権を獲得しています。

出場チーム

 Absolute (日本予選)
 ikarus (韓国予選)
 BOOT-d[S] (シンガポール予選)
 Long Amazing Zebra Ears (シンガポール予選2位)
 Bren Esports (フィリピン予選)
 Grayhound (オセアニア)
 5POWER (中国予選)
 Let's Quit (中国予選2位)
 Alpha Red (タイ予選)
 ahq (台湾予選)
 FrostFire (マレーシア予選)
 NASR (インド予選)
 BTRG (インドネシア予選1位)
 Syntax (インドネシア予選2位)
 BOOM (招待)

シンガポール予選を勝ち抜いたアジア強豪のBOOT-d[S]、インドネシア予選を勝ち抜いたxccurateなどが所属するチームBTRGは、10月31日から11月3日にかけマレーシアにて行われるWESG 2019 SEA Finals(東南アジア予選)への出場が決定している為、出場を辞退する事が発表されています。

同じく中国予選を1位通過した5POWERは11月1日より開催されるCS:GO Asia Championships 2019 中国予選へ出場する為、本大会への出場を辞退しています。また、5POWERに代わり出場するLet's Quitは、中国のCounter Strikeシーンを支えたレジェンドプレイヤーxfやsakulaに加え、DDの実の兄であるqzが在籍している実力はチームとなっています。

今年で35歳を迎えたsakulaはCS1.6よりwMvで活躍した中国のレジェンドプレイヤー、現在はチームマネージャーやコーチ、コメンテーターと幅広く活躍する

オセアニア予選より国際大会を舞台に活躍するGrayhound、タイ予選よりAlpha Red、マレーシア予選よりFrostFireといったアジアトップで活躍するチームが本戦への出場を獲得しています。

グループ組み合わせ

Group A
 Absolute
 ikarus
 Syntax
 BOOM
 Alpha Red
 Let's Quit

Group B
 Long Amazing Zebra Ears
 Bren Esports
 Grayhound
 ahq
 FrostFire
 NASR

グループ予選では、各グループそれぞれ6チームが配置され、全試合BO1の総当たり、ラウンドロビン形式で行われます。グループトップの2チームがプレイオフへの出場権を獲得し、プレイオフでは全試合BO3のシングルエリミネーション形式で行われます。

グループ6チーム中2チームのみがプレイオフに進出できるといった厳しいグループ予選ですが、Absoluteが配置されたグループAはグループBに比べGrayhoundやNASRといった強豪チームが少ない為、プレイオフ進出の可能性が高く、期待が集まります。

※グループ組み合わせはまだLiquipedia情報で公式発表は探した所まだ無い為、今後変更の可能性有り。

コメント


Sponsored Link