「Na'Vi」Kaneが「BLAST Pro Series Moscow 2019」を最後にコーチを辞任する事を発表しています。


現在33歳のウクライナのプレイヤーKaneはCS1.6にてpro100、Virtus.proといったCISのトップチームでプレイ、CSGOに移行後は2016年にFlipSid3にコーチとして加入、その後Gambitへコーチとして移籍し、Gambitでのメジャー大会優勝を経て2017年にNa'Viに加入しました。

KaneはNa'Viで活動した約2年で6つの国際大会にてチームを優勝に導いており、数々の大会で上位入賞を獲得しました。

コーチ辞任に伴い、Kaneは公式サイトにて以下のコメントを残しています。

Mikhaylo "Kane" Blaginのコメント

「まず、2年間私達を応援してくれたファンの皆様に心から感謝します。そして、私の人生の一部を共にしたメンバーと別れを告げるのは悲しい事ですがそれもコーチの仕事です。

2019年は、最も成績を残せなかった年だった事を認めなければいけません。残念なことに、私達の目標である"メジャー"を獲得する事はまだ達成されていません。

これからのチームは若いプレイヤーが担っていき、彼らの道はまだ先があります。そして次のメジャーはきっと彼らが勝つと確信しています。私の最後の大会となるBLAST Pro Series Moscow 2019でNa'Viのユニフォームを着て皆さんと会える事を楽しみにしています。」

Na'ViはBLAST Pro Series Moscow 2019に以下のラインナップで出場します。また、Kaneと共にZeusもBLAST Pro Series Moscow 2019をチームとして最後の大会とする事を発表しています。

 Danylo "Zeus" Teslenko
 Aleksandr "s1mple" Kostyliev
 Egor "flamie" Vasilyev
 Denis "electronic" Sharipov
 Kirill "Boombl4" Mikhailov
 Mikhaylo "Kane" Blagin (コーチ)

関連記事 : 「Na'Vi」のキャプテンを務めるZeusが「BLAST Pro Series Moscow 2019」を最後にプロとしてのキャリアを引退する事を発表

2 コメント

  1. いつも突っ立てるだけのおっさんと思ってたけど、コメントで泣いた

    返信削除
  2. 私の中ではずっと謎のおじさんでした、ありがとう。

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link