当初、「Natus Vincere」は「HellRaisers」のANGE1に移籍金30万ドルでオファーを出していた事がウクライナのコメンテーターstrikeより明らかとなっています。

strikeによるとNa'Viは先日引退を発表したIGL、Zeusに代わりHellRaisersのIGLであるANGE1を第一候補として検討していた事が明らかとなっており、strikeは自身のTiwitterにて以下のコメントを明かしています。

Yury "strike" Tereschenko

「Na'ViはANGE1を30万ドル(約3200万円)で購入する準備ができていましたが、ANGE1はHellRaisersでプレイする事を選択しました。恐らく、彼はHellRaisersで若いプレイヤーと共に自分の経験を共有し、このチームの方が成功するであろうと考えたと思います。」


今月5日、HellRaisersはメジャー大会の結果を受けラインナップ全体をベンチに入れる事を発表しました。そして、先日ロシアのインサイダーOverDriveによるとチームはIGLのANGE1、若手プレイヤーのnukkyeを残し、残りのメンバーISSAA、oskar、loWelに代わりFlarich、scoobyxie、crushを検討している事が明らかとなり、大幅ラインナップの変更を予定している事がリークで明らかとなりました。

関連記事 : 「HellRaisers」はISSAA、oskar、loWelに代わりFlarich、scoobyxie、crushを検討か

一方で、Na'Viは5人目のプレイヤーとしてFaZeのGuardiaNを検討してる事が明らかとなっていますが、現在様々な憶測が飛び交っている中、今後のチームの展開に注目が集まります。

関連記事 : 「Na'Vi」が5人目のプレイヤーとしてGuardiaNを検討か

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link