「Natus Vincere」が新たにB1ad3をコーチとして検討している事がDexerto.comより明らかになっています。

DeKay's Sources: Na’Vi considering B1ad3 as coach in addition to GuardiaN

Dexerto.comによると、BLAST Pro Series Moscow 2019を最後にコーチを辞任する事を発表したKaneに代わりB1ad3を新たなコーチとして検討している事が明らかとなっています。

B1ad3は過去にFlipSid3で活躍したIGLでメジャー大会には9度出場、様々な国際大会に出場しました。また、B1ad3は過去にs1mpleやelectronicと共にFlipSid3でプレイした経験があり、electronicはFlipSid3に在籍中、B1ad3と共にDreamHack Open Leipzig 2017にて優勝を獲得しています。


B1ad3はFlipSid3を脱退後、Gambitでコーチの経験を経て今年の3月にNa'ViのEsports Directorとしてチームに加入、5月には若手プレイヤーの育成を目的としたプロジェクト「Na'Vi.Junior」の運営に携わる事を発表しました。

また、Na'ViはZeusに代わりGuardiaNを検討している事が明らかになっており、もしリーク通り移籍が実現した場合、チームのラインナップは以下になります。

 Aleksandr "s1mple" Kostyliev
 Egor "flamie" Vasilyev
 Denis "electronic" Sharipov
 Kirill "Boombl4" Mikhailov
 Ladislav "GuardiaN" Kovács
 Andriy "B1ad3" Gorodenskyy

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link