「G2 Esports」と「Red Bull」が複数年のパートナーシップ契約を締結した事を発表しています。


スペインを拠点とするチームG2は2013年に設立されたチームでCSGO部門に加え、League of Legends、Rainbow Six Siege、PUBGといった部門を保有するチームです。

CSGO部門は2015年に開設し、当初はポーランドのプレイヤーを主体とするチームでスタートしましたが、半年後にはMaikelele、rain、fox、ScreaM、dennisといったラインナップを揃えた国際チームとして再活動しました。そして、2016年よりフランスのプレイヤーを揃えたラインナップとなり、現在に至ります。

今回のパートナーシップ契約より、チームユニフォームにはRed Bullのロゴが追加、公式オンラインストアでは既に販売が開始されています。


今回のパートナーシップ契約に伴い、チームのCEOを務めるCarlos ‘ocelote’ Rodriguezは以下のコメントを残しています。

Carlos ‘ocelote’ Rodriguezのコメント

「Red BullとG2はインタラクティブなコンテンツとイベントを通して、より多くのエンターテインメントとアドベンチャーをeスポーツ業界にもたらすという共通のビジョンを持っている為、今回のパートナーシップ契約は私達にとって非常に重要な行動でした。

このパートナーシップ契約はG2にとって大きな一歩であり、私達がすでに計画しているコンテンツは他の分野と一線を画すものとなるでしょう。」

現在、G2はHLTV世界ランキング7位に位置するチームで、今月26日より行われるESL One New York 2019、来月1日より行われるDreamHack Masters Malmö 2019に出場予定です。

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link