賞金総額25万ドル「BLAST Pro Series Moscow 2019」にて「AVANGAR」が「forZe」を下し優勝しています。

BLAST Pro Series Moscow 2019

BLAST Pro Series Moscow 2019はロシア・モスクワにて9月14日~15日の2日間にかけて行われた賞金総額25万ドル(約2700万円)のオフライン大会です。

ウクライナのレジェンドプレイヤーZeusが今大会を機にキャリアを引退する事を発表した事に加え、ENCEやMIBRといったトップチームがメンバーを変更しての初の国際大会となり注目が集まりました。

決勝 AVANGAR vs forZe


 AVANGAR [2-1]  forZe
 AVANGAR [16-13]  forZe (Overpass)
 AVANGAR [12-16]  forZe (Inferno)
 AVANGAR [16-6]  forZe (Dust2)

優勝賞金$125,000をかけた決勝では、先日行われたメジャー大会にて準優勝を収めたAVANGARと直近のオンライン大会で結果を見せているforZeの試合が行われ、AVANGARが2-1で下し優勝賞金と大会トロフィーを獲得しました。

AVANGARのスタープレイヤーであるJameが3マップを通して70キル44デスとRating 1.43を獲得、フラグシーン量産しました。




また、AVANGARのライフラーを務めるSANJIは3マップを通してJameに次ぎ高いスコアを記録しており、チームを勝利に導きました。SANJIは立ち回り、AIM、サポートスキル共に非常にバランスが取れたプレイヤーでライフルに加えサブマシンガンの使い方も非常に上手く今後に期待が高まるプレイヤーです。


MVP


MVPは大会を通してRating 1.37を記録したAVANGARに所属するJameが受賞しました。今大会にて行われた計8マップにて一度もKDを割る事は無く、特に決勝3マップ目のDust2では23キル9デスとRatingは驚異の1.82を記録しています。また、Jameはキャリアを通して初のMVP獲得となりました。


配信アーカイブ


最終順位

1位 -  AVANGAR ($125,000)
2位 -  forZe ($50,000)
3位 -  NiP ($25,000 + $20,000)
4位 -  MIBR ($15,000)
5位 -  ENCE ($10,000)
6位 -  Natus Vincere ($5,000)

Season 2019

1位 -  Liquid (26ポイント)
2位 -  Astralis (22ポイント)
3位 -  FaZe (20イント)
4位 -  NiP (16ポイント)
5位 -  MIBR (12ポイント)
6位 -  Natus Vincere (6ポイント)
7位 -  Cloud9 (6ポイント)

サーキットには以上の7チームが参加しており、Season 2019を通して上位4チームはBLAST Pro Series Global Final 2019への出場権を獲得します。

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link