erkaStが8月23日より行われるメジャー大会「StarLadder Berlin Major 2019」を最後に「Grayhound」より脱退する事が発表されています。


現在24歳のモンゴルのプレイヤーerkaStは、2017年6月にGrayhoundに加入しました。チームに加入後は、オーストラリア国内の大会をはじめIEM SydneyやESL Pro League等の国際大会にも出場、そして今年の2月にはAsia Minorを勝ち抜きチーム初となるメジャー大会IEM Katowice 2019への出場権を獲得しました。

IEM Katowice 2019では、惜しくもシード枠を獲得できなかったものの、先日行われたAsia Minorにて1位通過、再びメジャー大会StarLadder Berlin Major 2019への出場権を獲得しました。


erkaStはGrayhoundに在籍中、国際大会などで優勝は獲得できませんでしたが、様々な大会にてチームをリード、HLTVの総合Ratingでは1.19と非常に安定した成績を維持しています。

先日、モンゴルのeSportsメディアNewMetaよりerkaStがモンゴルのプレイヤーkabalやdobuといったメンバーと新チーム結成を計画していると明らかになっており、もしこの計画が実現した場合にはメジャー大会終了後に何らかの発表が為されると予測されます。

関連記事 : モンゴルのベテランプレイヤーerkaSt、kabal、dobuがメジャー大会後に新チーム結成を計画か

メジャー大会終了後のGrayhoundのラインナップは以下になります。メジャー大会StarLadder Berlin Major 2019は8月23日より行われ、Grayhoundが出場するChallengers StageはVitalityやFURIAといったチームが出場予定です。

 Christopher "dexter" Nong
 Liam "malta" Schembri
 Ollie "DickStacy" Tierney
 Simon "Sico" Williams
 Neil "NeiL_M" Murphy (コーチ)

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link