2019年7月31日(日本時間8月1日)にCSGOのアップデートが実施されています。

GAMEPLAY

・Defusal Group Sigmaに「Breach」、「Seaside」の2マップを追加した。
・公式マッチメイキングマップより「Workout」を削除した。
・公式マッチメイキングに「Scrimmage Maps」を追加、「Scrimmage Maps」には「Ruby」、「Breach」、「Seaside」が追加されています。
・「Scrimmage Maps」はスキルグループ(ランク制度)による制限はなく、フレンド等と共にプレイできます。また、「Scrimmage Maps」にて勝利しても、マッチメイキングの勝利回数には含まれませんが、試合を途中で退出した場合、ペナルティが課せられます。

LINUX

・ゲームサーバーをLINUXで運営している場合は、ファイルシステムをデータに書き込む際に別のスレッドを使用するようになるためメインスレッドのパフォーマンスが向上する。

MISC

・グレネードがサイクリングしない問題を修正した。
・Bump MineとBreach Chargeを使用した際に、稀にクラッシュするバグを修正した。
・ゲーム内プレイヤーのミュートゲージを0までドラッグする事ができるようになった。

MAPS

・Overpassにてコネクターのブーストポジションを修正した。(Asia Minorにて5POWERが使用していたポジション)


ーVertigo
・Bサイトへ入口に変更を加えた。
・Bサイト入り口付近の垂木を削除した。
・Bサイトの空調ユニットに数字を付けた。
・Bサイトに投げものを入れる事ができるように空間を広げた。
・片道のエレベーターのシャフトを削除した。
・エレベーターの昇降路にラダールームを追加、Aサイトへ行けるようになった。
・エレベーターのシャフトを移動した。
・Tスポーンが後方へ移動した。
・Tスポーン上から投げものを入れやすいように空間を広げた。
・Aサイトの後ろの足場へジャンプするのがより簡単になった。
・Aサイト後方のドアを広げた。

画像はRedditより引用。









Counter-Strike: Global Offensive » Release Notes for 7/31/2019

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link