賞金総額6万ドル(約650万円)「MSI MGA 2019 Finals」に出場する4チームが決定しています。

MSI MGA 2019 Finals

MSI MGA 2019 Finalsは9月29日にアメリカ・ニューヨークにて開催される賞金総額6万ドル(約650万円)のオフライン大会です。北アメリカ、ヨーロッパ、CIS、アジアよりそれぞれ1チームの計4チームが出場します。

昨年行われたMSI MGA 2018 FinalsではCIS予選を勝ち抜いたAVANGARがcompLexityを破り、優勝を獲得しています。

出場チーム

 ex-Epsilon (ヨーロッパ予選)
 Gambit Youngsters (CIS予選)
 Riot Squad (アメリカ予選)
 ViCi (アジア予選)

MSI MGA 2019 Finalsには以上の4チームが厳しい予選を勝ち進み、本戦であるMSI MGA 2019 Finalsへの出場権を獲得しました。

ヨーロッパ予選を勝ち抜いたex-Epsilonは、Turkey5等を破り本戦への出場権を獲得しました。また、Epsilonは先月末にCSGO部門は解散しましたが、解散後もチームは同じメンバーで活動を続け、新たな組織を探していると発表しています。

CIS予選を勝ち抜いたGambit Youngstersは、今年の4月に結成されたチームでメンバー全員が20歳以下と若手プレイヤーで構成されています。また、今大会にてStarLadder Berlin Major 2019 CIS Minor、Copenhagen Games 2019に続き3回目のオフライン大会となります。

アメリカ予選を勝ち抜いたRiot Squadは、FNS、ptr等のベテランプレイヤーに加えcrashies、Jonjiといった若手プレイヤーで構成されています。アメリカ予選決勝戦にて対戦したLazarus戦ではcrashiesがチームをリードし勝利に導きました。


アジア予選はBOOTやLucid Dream、EHOMEといったアジア強豪チームが出場しましたが、ViCiは1マップも落とさずにトーナメントを勝ち抜き本戦への出場権を獲得しました。

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link