賞金総額20万ドル「ESL One New York 2019」に出場する8チームが決定しています。

ESL One New York 2019

ESL One New York 2019は9月26日から9月29日の4日間にかけてアメリカ・ニューヨークにて行われる賞金総額20万ドル(約2100万円)のオフライン大会です。世界各地より招待された5チームとヨーロッパ、アメリカの各地域予選を勝ち抜いた3チームの計8チームが出場します。

先日、ESL One New York 2019のShowmatchにてリメイク版のNew Cacheを発表予定と発表されており、注目が集まります。

関連記事 : Cacheリメイクが完了、New Cacheは9月に行われる「ESL One New York 2019」のShowmatchにて発表

出場チーム

 Liquid (招待)
 Astralis (招待)
 ENCE (招待)
 NRG (招待)
 FaZe (招待)
 G2 (ヨーロッパ予選)
 OpTic (ヨーロッパ予選)
 eUnited (アメリカ予選)

招待チームとして、現在世界ランキング1位に位置するLiquid、2位、3位のAstralis、ENCE等の世界ランキング上位チームが招待されています。

その他の招待チームとして近年ランキングを上げているアメリカのチームNRGや近々メンバー変更が噂されているFaZeが招待されています。ESL One New York 2019はメジャー大会終了後、FaZeが出場予定の最初の大会である為メンバー変更を行い出場する初の大会になるだろうと予測され、注目が集まります。

また、激戦区であるヨーロッパ、アメリカ予選を勝ち抜いたチームとしてG2、OpTic、eUnitedが出場権を獲得しています。

今年の6月、ImmortalがOpTicを買収、買収に伴いImmortalsは既にCSGOチームMIBRを所有しているのでOpTicを売却する意向を発表しました。発表から2ヵ月が立ち、OpTicのメンバーを購入するチームは表れていませんが100 Thievesが新たにCSGOチームを設立する事を発表している為、100 Thievesが買収するのではないかとコミュニティでは注目が集まっています。

関連記事 : 「100 Thieves」が新たにCSGO部門を開設予定か

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link