現在FaZeに所属しているNEOのインタビューがESL Counter Strikeの公式Twitterより公開されています。


Filip 'NEO' Kubskiのコメント

「私は20年間Counter StrikeをプロとしてプレイしていていたのでVirtus.proより脱退した際、急いでチームに加入しないようにしました。

eSportsシーンはここ数年で大きく成長し、多くの新たな仕事を作ったと思います。脱退後、私にはたくさんのオファーや選択肢がありましたが、今のCSシーンで何が起こっているのかを分析する事にしました。

FaZeは多くの大会で優勝しており、チームには明らかに私は必要ではありませんでした。しかし、当時外から見ていた私にとっては彼らには明らかにIGLを必要としているように見えていました。

そして、私がFaZeに加入した時、全てが上手くいったように感じます。少なくとも私はそう思っています。」

NEOは昨年12月にVirtus.proのラインナップより脱退し、2019年5月にAdreNに代わりFaZeにトライアルで加入しました。加入後はDreamHack Masters Dallas 2019にてBEST4、ESL Pro League Season 9 Finlasでは6位にランクインしました。

現在開催中の賞金総額30万ドルESL One Cologne 2019ではRenegadesに勝利しましたが、NRG、mousesportsに敗れ9-12位といった結果で終了しました。

コメント


Sponsored Link