ウクライナのeSports組織「Natus Vincere」がスタートした若手プレイヤー育成プロジェクト「Na'Vi Esports Camp」に参加する10人のプレイヤーが決定した事が発表されています。


Na'Viは先月初めに若手プレイヤー育成プロジェクト「Na'Vi Esports Camp」を発表、以下のリンクより確認できる条件を満たしたプレイヤーを集め、選考された5人のプレイヤーはNa'Viのユースチームとして「Na'Vi.Junior」としてチームと契約します。

関連記事 : 「Na'Vi」が若手プレイヤーの育成を目的としたプロジェクトをスタート、選考された5人のプレイヤーは「Na'Vi.Junior」としてチームと契約

今年の3月にチームのスポーツディレクターに就任したB1ad3は今回のプロジェクトについて以下のコメントを述べています。

Andrey "B1ad3" Gorodenskiyのコメント

「今回のプロジェクトについて、私達はまずオンラインテストより25人のプレイヤーを先行しました。そして、心理学者と共に個別に面談を行いテストを行いました。

テストでは、プレイヤー個人のコミュケーション能力、ゲームセンス、IQ(ゲーム理解)、判断能力、チームメイトとの相互作用を確認しました。また、プレイヤーのスキルを詳しく確認するため、デモ分析ツールDreamTeamを使用し、全体的なスキルの統計を取得しました。

最終的に決定した10人のプレイヤーは皆非常に印象的なプレイヤーです。彼らのゲームレベルは高く、信じられないほどに有望に見えます。」

ロシアとウクライナより選考された10人のプレイヤーは、6月14日~8月30日にかけてブートキャンプを行います。ブートキャンプ終了時に、10人のうち選考された5人のプレイヤーはNa'Viのユースチームとして「Na'Vi.Junior」としてチームと契約します。

以下がNa'Vi Esports Campに参加する10人のプレイヤーになります。

 Alexey "Topa" Topchienko
 Rodion "fear" Smyk
 Andrey "Whitesmith" Saribekyan
 Ivan "kapacho" Koplenko
 Valeriy "B1t" Vakhovskiy
 Kirill "Gospadarov" Gospadarov
 Kirill "poka " Starovoytov
 Vyacheslav "Art1st" Lyadnov
 Daniil "Porya" Poryadin
 Eugene "Aunkere" Karyat

選考された10人のプレイヤーの中にはGambit YoungstersのPorya、Windigo AcademyのTopa等の16歳から19歳の間のプレイヤーが参加しています。今後はNAVI Junior公式YouTubeチャンネルにてNa'Vi Esports Campについての動画が随時アップロード予定です。

1 コメント

  1. 老害化が進むCIS地域の希望のプロジェクト。

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link