中国・北京にて「IEM Beijing 2019」が今年11月に開催予定かとDreamHackのIntel Grand Slam紹介ビデオよりリークしています。

昨日行われたDreamHack Masters Dallas 2019の準決勝 Liquid vs FURIA戦の前にIntel Grand Slamの紹介ビデオが放送されました。その紹介ビデオのリストによると「IEM Beijing 2019」がIntel Grand Slamのサーキットのリストに入っていました。


現段階で、11月のESL/DreamHackのビッグイベントの開催地はまだ発表されておらず今回の紹介ビデオで開催地が中国・北京と明らかになりました。


ESLにより中国で開催されるビッグイベントは昨年行われたIEM Shanghai 2018に次ぐ2回目ですが、昨年のIEM Shanghai 2018はIntel Grand Slamのサーキットの大会ではなかった為Tier1のチームは出場せず、NRG、HellRaisers、Virtus.pro等のチームが招待出場しました。

今回のリークにより、11月に開催されるビッグイベントが中国・北京での開催と明らかになり、ESLが中国にて主催するTeir1チームが出場するビッグイベントは初であるため、コミュニティでは注目が集まっています。

関連記事 : ESLが賞金100万ドル(約1.1億円)「Intel Grand Slam Season 2」を発表

コメント


Sponsored Link