元LiquidのプレイヤーHikoが何故s1mpleがLiquidを半年で脱退したのかをDexerto.comのインタビューにて明かしています。


s1mpleは2016年1月に自身の故郷ウクライナから離れ、アメリカのチームLiquidに加入しました。s1mpleはLiquidに加入し2つのメジャー大会に出場、それぞれBEST4、準優勝といった成績を残しながら僅か半年でチームから脱退しNa'Viに移籍しました。

Hikoはインタビューにて「もしs1mpleがそのままチームに在籍してもそれ以上の結果は残せなかった」と明らかにしており、その原因として「s1mpleとEliGEの2人の個性のあるプレイヤーをチームで抱えるのは相当なものがあった」と答えています。

以下、インタビューより一部抜粋したコメントを引用します。

Spencer"Hiko"Martinのインタビュー

「当時、s1mpleとEliGEの2人の個性のあるプレイヤーをチームで抱える方法があった?と問われた場合、答えはNoです。私達が抱えていた問題は非常に沢山ありましたし、その問題は外から見た場合非常に愚かなものだと思います。」

「もし、s1mpleとEliGEの2人のプレイヤーをチームに留めたとしても結果としては良くない方向へ向かったでしょう。」


Hikoのインタビューによると「当時s1mpleはLiquidから脱退し故郷のウクライナに帰る以降を示しており、もしs1mpleがアメリカの残る結果を選んだとしてもチームが破綻するまでは時間の問題であっただろう」と明らかにしています。

結果としてs1mpleはLiquidから脱退する事になりました。しかし、当時s1mple、EliGEの2人は18歳とまだ年齢的にも若く、3年経った今は互いに問題等も起こさずにトップチームで活動しています。今後も2人の活躍に注目が集まります。

コメントを投稿

Sponsored link



おすすめ記事