現在話題となっている「FaZe」Tfueに関する件についての元FaZeのプレイヤーXizt、karriganが自身のFaZeに対する意見をTwitterにて明らかにしています。

昨日5月20日にTfueはFaZeに対して訴訟を起こしている事を明らかにしました。Tfueは飲酒やギャンブル、ゲーミングハウスに住み事を強要されていると明らかにし、加えてYouTube等の収益を80%チームに取られていると明らかにしました。

現在話題となっているこの意見に対して、元FaZe CSGO部門のXizt、karrigan、Maikeleleは以下のようなコメントを残しています。

Richard 'Xizt' Landströmのコメント

「私はサブメンバーとしてチームと契約したにも関わらず、彼らは私に公正な契約を提示しなんの問題もなくFnaticに移籍する事ができました。FaZeは私がプレイした中で最も優れた組織であり、良い印象しかありません。」


Finn 'karrigan' Andersenのコメント

「私はFaZeとは非常にいい契約を結びました。私がベンチメンバーに入った際も、彼らは私を大事に扱ってくれ、他のチームからオファーが来るまで私をチームに置いてくれたり、公正なトレードを行ってくれました。」


Mikail 'Maikelele' Billのコメント

「私がFaZeでプレイしたのは短い期間でしたが、チーム創設者ののBanksとTemperrの2人は私達のチームの権利の為、戦ってくれました。彼らはチームの成功を誰よりも望んでおり、キャリアに影響を及ぼすような事をするとは思えません。」


関連記事 : 「FaZe」はflusha、BnTeT、suNnyを5人目のプレイヤーとして検討していたと明らかに

1 コメント

コメントを投稿

Sponsored link



おすすめ記事