「DreamHack Open 2019 Rio」にて「AVANGAR」が「FURIA」に勝利し優勝しました。


DreamHack Open 2019 Rio

DreamHack Open Rio 2019はブラジル・リオデジャネイロにて4月19日~21日にかけて行われた賞金総額10万ドル(約1100万円)のオフラインCSGO大会です。招待された6チームと地域予選を勝ち抜いた2チームの計8チームが出場しました。

AVANGAR vs FURIA


 AVANGAR [2-1]  FURIA
 AVANGAR [2-16]  FURIA (Vertigo)
 AVANGAR [16-8]  FURIA (Inferno)
 AVANGAR [19-16]  FURIA (Train)

決勝はカザフスタンのCSGOチームAVANGAR vs FURIAの試合が行われました。両チームともに前回行われたメジャー大会IEM Katowice 2019出場チームの実力があるチームです。

3マップを通してFURIAのyuurihが安定した成績を獲得し試合には敗北したもののRatingは1.47を記録しています。また、今年の2月にCyberSportより発表されたメジャー大会初出場の若手プレイヤーにもyuurihが選出されており、一部のコミュニティでは次世代のcoldzeraと呼ばれています。


AVANGARはチームのスタープレイヤーであるJameが54killでチーム内2位に位置しており、今年の3月にSymanより加入したSANJIがRating 1.13でチーム内1位を獲得しています。

最終順位

1位 -  AVANGAR ($50,000)
2位 -  FURIA ($20,000)
3-4位 -  Valiance ($10,000)
3-4位 -  Sharks ($10,000)
5-6位 -  INTZ ($3,000)
5-6位 -  W7M ($3,000)
7-8位 -  eUnited ($2,000)
7-8位 -  Redemption POA ($2,000)

コメントを投稿

Sponsored link



おすすめ記事