スポンサーリンク



「IEM Katowice 2019」にてメジャー大会に初出場の若手プレイヤー5選


Sponsored link


CyberSportsより発表されたIEM Katowice 2019にてメジャー大会に初出場の若手プレイヤー5選を紹介します。

Топ-5 игроков, дебютирующих на IEM Katowice 2019.

現在、若手プレイヤーは徐々にトップレベルに参入してきており、ZywOoやsergej、CeRq、Brollan等は20歳未満ながらトップチームに在籍し活躍しています。彼らにとってもIEM Katowice 2019は初のメジャー大会出場になりますが、今回は彼ら以外に才能を持ったプレイヤー達を紹介します。

 Yuurih - FURIA eSports


FURIA eSportsに所属する現在19歳のYuurihはIEM Katowice 2019にてメジャー大会初出場となります。Americas Minorでは、Envy、eUnited、INTZを破りNRGに敗退したもののRatingは1.22を獲得しています。

Americas Minorのオンライン予選の際にも、MIBRに移籍する噂が流れた同チームのksceratoよりも安定した成績、Rating 1.33を残しています。また、一部のコミュニティでは次世代のcoldzeraと呼ばれています。

 Freeman - ViCi Gaming


中国のチームViCi Gamingに所属するFreemanは香港のプレイヤーで同国より初めてとなるメジャー大会出場となります。ViCi GamingはAsia Minorにて惜しくも3位となりましたが、FreemanはMinor Play-inにてNorthを2回破る中心人物となり、メジャー大会への出場権を獲得しました。

Freemanはオンラインの試合でも高い成績を維持し、Minorの総合Ratingでは1.27を記録しています。また、同チームに所属するマレーシアのプレイヤー、kazeとの強力な火力に期待されます。

 Brehze - NRG Esports


NRG Esportsに所属するBrehzeは、CeRq、nathEのプレイヤーの影に埋もれがちですが、彼は過去3ヶ月の間チーム内で最も安定したRating 1.22を記録しています。

Brehzeのプレイスタイルはマップ上で膨大な量の作業をこなしエントリーキルを狙うdupreehやfer等と共通点があり、彼らよりdevice、coldzera等に注目が集まるそれに似ている部分があります。

また、Americs MinorでのRatingは1.48と高い成績を記録しています。

 erkaSt - Grayhound


IEM Katowice 2019ではRenegades、Grayhoundとオーストラリアのチーム2チーム出場します。オーストラリアより2チーム出場する事はESL One Cologne 2015以来となる3年ぶりとなります。また、オーストラリアのチームはメンバー変更が多く世代交代も多いです。

erkaStは勉強のためオーストラリアに留学したモンゴル出身のプレイヤーです。しかし、間もなく彼はCSGOに専念する事になり、2015年よりAthleticoやTeam Immunityなどのオーストラリアのシーンで活躍しています。

Asia MinorではRating 1.15を記録し、メジャー大会への出場権を獲得しました。

 n0rb3r7 - Winstrike


前回のメジャー大会Faceit Major 2018にて15-16位といった結果で敗退したWinstrikeはFlipSid3よりwayLander、WorldEditといったベテランプレイヤーをチームを迎えるのと同時に若干17歳のn0rb3r7をチームに迎え入れました。

n0rb3r7は昨年3月に公式戦をデビューしたばかりで、まだプロとしても経験が浅いプレイヤーです。CIS Minorではクラッチの状況で複数回勝利し、敗北した試合でさえも安定した成績を残しています。また、CIS Minorでは全体を通してRating 1.15を記録しています。

Sponsored link

コメントを投稿

0 コメント