賞金総額約1億円「WESG 2018 World Finals」にてWindigoがAGOに勝利し優勝しました。日本より出場したAbsoluteはBEST8といった結果となりました。

WESG 2018-2019

WESG 2018-2019は、中国・重慶市にて2019年3月11日~17日に開催された賞金総額89万ドル(約1億円)のオフライン大会です。世界中の各地域予選を勝ち抜いた29チームと招待された3チームの計32チームが出場しました。

決勝

 Windigo [2-1]  AGO
 Windigo [14-16]  AGO (Inferno)
 Windigo [16-13]  AGO (Mirage)
 Windigo [16-7]  AGO (Dust2)

決勝はMIBR、G2を倒してきたブルガリアのチームWindigoと準決勝にてFnaticに勝利したポーランドのチームAGOの試合が行われ、2-1でWindigoが勝利し優勝賞金50万ドル(約5500万円)を獲得しました。

MVPはWindigoのSHiPZが選出されており、Fnatic、MIBR、G2等のチームを含む6チームと対戦し平均Ratingは1.28を記録しています。

配信アーカイブ



最終順位

日本より出場したAbsoluteは準々決勝にてG2に破れ惜しくもBEST8といった結果を残しましたが、Tier1のチームも出場している世界大会でBEST8といった結果を残すのはCSGOでは初ではないでしょうか。Absoluteは今大会をきっかけにHLTV世界ランキングは38位、アジアランキングでは3位に上昇しています。


1位 -  Windigo ($500,000)
2位 -  AGO ($200,000)
3位 -  G2 ($100,000)
4位 -  Fnatic ($50,000)
5-8位 -  Absolute ($10,000)
5-8位 -  OpTic ($10,000)
5-8位 -  Valiance ($10,000)
5-8位 -  MIBR ($10,000)
9-16位 -  Sngularity
9-16位 -  Furious
9-16位 -  Panda
9-16位 -  Viva Algeria
9-16位 -  Team Russia
9-16位 -  TNC
9-16位 -  Team Ukraine
9-16位 -  Alpha Red
17-23位 -  Revolution
17-23位 -  Denial
17-23位 -  FrostFire
17-23位 -  Imperial
17-23位 -  Chiefs
17-23位 -  Movistar Riders
17-23位 -  ENZO
24-27位 -  NASR
24-27位 -  WARDELL N Friends
24-27位 -  5POWER
24-27位 -  Altima

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link