Amazon ゲーミングデバイス祭り


先日、HellRaisersよりTYLOOに移籍したコーチJohntaが新たな役割(Role)の定義を提案しています。

Мои мысли о игровых ролях в CS:GO. | Johnta | Official page | VK

Johntaは現在一般的に使われている「entry fragger」「Support」「Lurker」「AWPer」に代わり新たに「forward」「playmaker」「hybrid」の3つの定義しました。

Johntaは現在使われている役割の定義では「ゲームの役割を正しく指定する事はできない」と考えており、彼の提案した定義では同じプレイヤーが同時に幾つかの役割を果たすことが必要と考えています。

サッカーの用語「forward」「playmaker」「hybrid」から引用し下記の意味を果たすと提案しています。

forward

forwardのプレイヤーは個人戦の打ち合いに集中し、多くの場合単独で行動します。複数のメンバーで行動する場合は先頭で打ち合い、情報を収集します。自分以外の別のメンバーがポイントに達した場合、forwardのプレイヤーはLurkerやfakeとして行動します。

例 : Magisk、electonic、ropz、rain、Twistzz

playmaker

playmakerのプレイヤーは収集した情報を元に作戦を考える事に焦点を当て、主に他のプレイヤーと連携して行動します。基本的に作戦を伝える役割ですが、自身でマップ上にスペースを作り2番目のアタッカーとして働く場合もあります。

例 : gla1ve、Niko、coldzera、f0rest

hybrid

hybridは上記の2つの役割を組み合わせた役割。チームのキャプテンやアタッカーとして行動します。

例 : dupreeh、s1mple、chrisJ、FalleN


以上が要所を抜き出した説明になります。更にJohntaのVKのページにはFaZe、Astralis、mousesports、Na'Viの4チームを以上の役割で詳細に分析したコメントが投稿されています。

1 コメント

  1. https://twitter.com/lofeusu/status/1090968771114688512

    こちらで当記事の内容(文体含めて)がほぼ丸々引用されていますが、転載の許可などはされていますか?

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link