Amazon ゲーミングデバイス祭り


CS:GOトップ20プレイヤー2018 第8位に、Astralisに所属しているgla1veがランクインしました。

gla1veは2010年よりCounter Strike Sourceのプロとしてのキャリアをスタートし2012年にCSGOへ移行しました。

2012年9月にはIGLとしてCopenhagen Wolvesに加入し、デンマーク国内での数々の大会で優勝を収めました。その後は様々なチームを転々とし、2014年にCopenhagen Wolvesに再加入します。

2014年はESL One Cologne 2014、DreamHack Winter 2014と2つのメジャー大会に出場しますが、それぞれ9-12位、13-16位と結果を残せずに終了します。

2015年はCopenhagen Wolvesより脱退し、様々なチームを転々とします。しかし、結果が残せずにgla1veはCSより距離を起き5月からはプロゲーマーではなく、一般の仕事を始めました。

当時の事についてgla1veは「当時、私は自分の人生で何を達成したいのかを自分に問いかけていました。私は混乱していて、プロではなく一般の仕事を始める事にしました。3ヶ月間セールスマンとして働き、実際に仕事も楽しかったのですが、何かが私にCSをやり直してください問いかけてきて、復帰する事に決めました。」と述べています。

2016年8月にはHeroicに加入し、10月には現在も加入しているAstralisに加入します。

加入して僅か3ヶ月後には、メジャー大会ELEAGUE Major Atlanta 2017で優勝、IEM Katwoice 2017でも優勝と、チームとしては結果を残せた年でしたが、gla1ve個人でのRatingは0.99といった結果で終了しました。


2018年に入り、gla1veは17のオフライン大会に出場しました。


2018年のスタートであるメジャー大会ELEAGUE Major 2018は12-14位といった結果で終了し、gla1veのRatingも0.78と2018年の中で最も低いRatingを記録します。

2月にはKjaerbyeがNorthに移籍し、OpTicよりMagiskが加入します。しかし、新しいラインナップで挑んだ大会、StarSeries i-League Season 4では5-8位、IEM Katowice 2018ではベスト4といった結果で終了します。

しかし、4月に開催されたDreamHack Masters Marseille 2018ではNa'Viを破り優勝、gla1veは2018年で最も高いRating 1.34を記録し、EVPに選出されています。大会についてgla1veは「DreamHack Masters Marseille 2018は個人的な成績として最高のイベントでした。s1mpleというクレイジーなプレイヤーがいなければ、私がMVPを獲得していたと思います。」と語っています。ちなみに、s1mpleは準優勝と言った結果で終了したにもかかわらず、Ratingは驚異の1.52を記録し、MVPを受賞しています。

IEM Sydny 2018では準優勝、続くESL Pro League Season 7 Finals、ECS Season 5 Finalsで優勝を残し、AstralisはHLTV世界ランキングにて1位に舞い戻ります。

大会が増える事による環境の変化についてgla1veは「トップレベルのチームになる前に、新しい椅子、新しいテーブル、新しいホテル、新しいベッドなどに慣れる必要があると思います。また、試合で結果が残せない場合にはその理由について結論を出し改善する必要があります。テーブルの高さやそのようなものにも同じ環境でプレイできるように最善を尽くします。」と述べています。

上記の画像から見て分かる通り、この頃より国際大会にてほぼ優勝、もしくは準優勝、ベスト3といった結果を残しており、2018年1年を通してEVPを9度受賞しています。また、9月に行われたメジャー大会Faceit Majorでもトロフィーを獲得しています。

また、この頃よりAstralisのゲームに対するプロとしてのアプローチに注目が集まり、gla1veは「私達が、プロとして生活する上でメンバー内での会話はくだらない話ばかりではなく、何を食べたり飲んだりするのかを考え、ジムでの運動や外での運動で肺に新鮮な空気を取り入れたりしています。こういう事を考えるのは面倒かもしれませんがパフォーマンスに大きな影響をもたらします。」とコメントを残しています。

また、2018年で様々な議論が湧き上がったgla1veのスモークキルについても「私は特定のスモークキルを練習しているわけではないが、1人でサーバーにアクセスしマップ上で様々な角度を確認し、スモークが発生した際に実際にどこを打つべきかを知っています。また、私がこういう動きをするなら相手はたぶんこうするだろうという事を常に意識しています。それが、私のスモークキルが多い最も重要な理由です。」と明らかにしています。

2018年12月の大会、ESL Pro League Season 8 Finals、ECS Season 6 Finalsにおいても優勝を残し、最高の状態で2018年を終えました。更には賞金1億円のIntel Grand Slamも獲得しました。

gla1veは8位に選出された理由として、最初のELEAGUE Majorでは悪いスタートを切ったが、残りのイベントでは安定したRatingを維持し、9つのEVP受賞が大きな理由だと発表されています。

コメント


Sponsored Link