スポンサーリンク

元「OpTic India」forsakenのインタビューが公開「チームメイト、OpTic、そして皆様に申し訳ない」


Sponsored link


eXTREMESLAND Asia Finalsにてハック使用が明らかになった元「OpTic India」forsakenの謝罪のインタビューがAFK Gamingにて公開されています。



インドのeSportsメディア「AFK Gaming」のインタビューでは、彼が不正行為をした理由と、その事件がチームメイトのキャリアに与える影響について謝罪しています。

以下、一部抜粋したコメントを引用しています。

Nikhil 'forsaken' Kumawatのコメント

私はどこからの圧力はありませんでしたが、全ての試合に勝ちたいと思っていました。そしてあらゆる面で完璧になりたいと思っていました。

自分の意思決定、ゲーム理解などに自信はありましたが、自分のAIMには自信がありませんでした。それで自分の欠陥を埋めるため私は間違った道を選びました。

チームメイト、OpTicの方々、そして私を信頼してくれたファンの皆様に非常に申し訳ないと思っています。

私はチームメイトから機会を奪うことに罪の意識を感じています。彼らは非常に才能があり、私は彼らのチャンスを危険に晒しています。

私のチームメイトは私が外部プログラムを使用しているとは誰も考えていませんでした。ハックはあからさまなものではなかったので、私のチームメイトや私達の後ろに立っているコーチやマネージャーは私がハックを使用しているとは思っていなかったと思います。

ハックは私の自然なAIMに僅かな利益を与えたのみで、私の周りの人にはほとんど無視されました。

私は最初のLANの1つで、ベストを尽くしたいと思っていたのでチートを使おうとは思っていませんでした。私はチートを使わないようにと自分自身を説得しましたが、私はその勇気を持っていませんでした。

ブートキャンプに参加した時、PCにハックを調整することができませんでした。そして、チームメイトを見て、ゲームのあらゆる面を良くしたいとの衝動は私にもう一度ハックを使用させました。誰も知らないうちに、ブートキャンプでそれを使用すると他のLANでハックを使用する勇気が私に与えらました。

私がこのゲームを初めてから何も良いことはなかった。私は自分のためだと思ったが、一年近くプレイしても私はそれに忠実ではなかった。

私は常にこのゲームを最優先に考えており、ゲームのために全てを捨てました。そして、私はCSを他のものより優先させ、すべてを失いましたが、今はCSも失ってしまいました。

リンク:forsaken Breaks his Silence - an Apology and his Perspective

Sponsored link

コメントを投稿

0 コメント