先日行われたeXTREMESLAND 2018のOpTic India vs Revolutionの試合にてハック使用が発覚したforsakenが所属する「OpTic India」が解散した事がチームの公式Twitterから発表されました。

関連記事 : 現在開催中のeXTREMESLAND 2018に出場しているチーム「OpTic India」のforsakenのチート使用が発覚│チームは大会を失格に|CSGO4JP

チームの公式Twitterより投稿されたコメントではOpTicは「他の競技シーンで新しい機会を追求します。」とコメントを述べ、ラインナップを解散する事を発表、また、今回の発表ではforsakenを除く残り4人のプレイヤーはハック使用について知らなかったと主張しています。


OpTic Indiaは、アメリカのeSports組織「OpTic Gaming」が今年の5月に立ち上げたチームで、まだeSportsが深く浸透していない国・地域で才能を探し、育成するためのプロジェクトです。チームはESL India Premiership 2018では優勝を勝ち取り、ESL Pro League Season 8 Asiaへの出場を獲得し、現在HLTVアジアランキングでは10位に位置しています。

来週の火曜日に行われるESL Pro League Season 8 Asiaへの対処については今後24時間以内にESLから発表される予定です。

OpTic Indiaの旧ラインナップは以下になります。以下のメンバーはOpTicのリリースよりフリーとなります。

Sabyasachi "Antidote" Bose
Vishal "haiVaan" Sharma
Agneya "Marzil" Koushik
Nikhil "forsaken" Kumawat
Lukas "yb" Gröning

1 コメント

コメントを投稿

Sponsored link

Sponsored link



おすすめ記事