北米を拠点とするeスポーツチーム「Complexity」のCS:GO部門にcoldzeraが加入したことが、チームの公式Twitterより発表されています。

今年6月、自身の決断によりFaZeのベンチへ移動したcoldzeraですが、約3ヵ月の休養期間を経てComplexityへの加入を発表。手首の負傷によりベンチへ入るk0nfigに代わり、5人目の選手としてラインナップへ参加します。

coldzeraは、今年9月にFaZeと契約終了予定だったため、移籍金無しのフリーエージェントといった形でComplexityへ加入します。また、k0nfingは2、3ヵ月で休養より復帰予定ですが、今年11月に開催予定のメジャー大会までcoldzeraが引き続き5人目の選手として出場予定で、チームは長期的な安定性を求めて一定期間在籍できる選手を獲得したとしています。

現状でメジャー大会終了後もcoldzeraがチームに残るか現状では不明ですが、コミュニティではBLAST Premier Fall Groups 2021、メジャー大会の結果次第で、今後の活動を決定すると見られています。

新たにcoldzeraが加入したComplexityのラインナップは以下になります。

 Benjamin "blameF" Bremer
 Valentin "poizon" Vasilev
 Justin "jks" Savage
 Patrick "⁠es3tag⁠" Hansen
 Marcelo "coldzera" David
 Luis "⁠peacemaker⁠" Tadeu (コーチ) 
 Soham "valens" Chowdhury (データアナリスト)
 Kristian "k0nfig" Wienecke (ベンチ)

1 コメント

  1. k0nfingメジャー出れないのか・・・?
    相変わらず不運というか色々可哀想だな

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link