AIを用いたCS:GOのアンチチートツールの開発がValveの社内で検討されていることが、ニュージーランドのサンクタ・マリア・カレッジで行われた講演で明らかになっています。

先日、ValveでCEOを務めるゲイブ・ニューウェルはニュージーランドのサンクタ・マリア・カレッジで行われた講演内で学生へ質疑応答を行いましたが、学生より尋ねられて「Valveの社員はCS:GOのアンチチートツールの改善を行っていますか?」に対し、ゲイブは「はい。しかし、そのプロセス内には作業がかなり多いです。」と答え、アンチチートツールの改善を社内で進めていることを明らかにしました。

また、「私たちが行う作業の多くはAIに基づいており、これは人間が人間らしく振舞っているかどうかを確認する問題に繋がります。開発において、かなり追跡できるものであることが分かっています。Counter Strikeのアンチチートは簡単な課題の1つです。」と答え、AIを活用することで、スピンボット、オートエイムなど、明らかに不正行為を示すチートの検出が容易になることを示唆しています。

学生により撮影されたゲイブの講義映像は現在削除済みですが、「今年度中にSteamのコンソール機に関する情報を出す」など、様々な情報を口にしており、今後のValveの動向に注目が集まります。

関連記事
ShroudがCS:GO最大の問題を「チーターの多さ」と語る
脳に電気刺激を与えることでFPSのスキルが向上、リムリック大学が発表

13 コメント

  1. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  2. 簡単なのならなぜしなかったのか?

    返信削除
  3. この発言から5年後、何も変わっていなかった
    こうなるはず

    返信削除
  4. 去った人は戻らない

    返信削除
  5. 無能しかいないValveの社員のアンチチートツールとかいらんから
    まずはValveの社員の改善しろや

    返信削除
    返信
    1. あまり強い言葉を遣うなよ弱く見えるぞ
      君はvalveに入社すら出来ないんだから

      削除
    2. Valveが無能だとしたら、ここまでデカくなってないよ。

      削除
  6. 前からAIを使ったアンチチートシステムやってたしなvalveは

    返信削除
  7. 私はロボットではありませんにチェック入れる時の入れ方でロボットかどうか見分ける機能応用しようとしてそう。

    あれって、チェック入れる速度や正確さ、マウスポインターの動きでボットかどうか見分けてるらしいね。

    返信削除
    返信
    1. あれって画像認識、文字認識のAI学習に使われているらしいから、どんどん使ってほしい

      削除
  8. そっか。楽しみにしてるし頑張ってな。
    ほなValorantやるわ

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link