Amazon ゲーミングデバイス祭り

フランスのCS:GOチーム「Vitality」が、RpKに代わってKyojinを起用することが発表されています。

Vitality CS:GO部門設立以降、チームを支え続けてきた31歳のベテラン選手RpKですが、直近の大会結果を受け、チームはRpKのベンチ入りを発表。チームが発表した公式声明では、「(RpKのベンチ入りは)私たちがしなければいけない難しい決断の1つです。RpKは、一貫性があり、刺激的な選手ですが、チームはいくつかの課題に直面したため、新しい構成を見つける必要があります。RpKの様な伝説的な選手を失うことは苦しいですが、私たちは彼をサポートする為に常に最善を尽くします。」とコメントを残しています。

一方、Vitalityはベンチに移動したRpKに代わって、先日VAC BANが解除*されたばかりのKyojinの獲得を発表。本日より開幕するBLAST Premier Spring Showdown 2021にて、RpKに代わって大会へ出場します。

*フランス期待の若手選手として知られていたKyojinは、幼少期に作成したアカウントがVAC BANを受けたことを理由に、2018年にVAC BAN。今月初め、Prodigy AgencyのCEOのサポートも受け、VAC BANの解除に至った。

今回のラインナップ変更について、コーチを務めるXTQZZZは「Kyojinは大きな可能性を秘めたユニークな選手であり、若いラインナップを中心としたVitalityの未来を築くのに役立ちます。」と答えています。

新たにKyojinが加入したVitalityのラインナップは以下になります。

 Dan "apEX" Madesclaire
 Mathieu "ZywOo" Herbaut
 Richard "shox" Papillon
 Kévin "misutaaa" Rabier
 Jayson "⁠Kyojin⁠" Nguyen Van
 Rémy "XTQZZZ" Quoniam (コーチ)
 Nabil "Nivera" Benrlitom (ベンチ)
 Cédric "RpK" Guipouy (ベンチ)

5 コメント

  1. kennyS、NBK、RpK、kioShiMa、Nivera。ハイ最強

    返信削除
    返信
    1. 実現したとして去年のDignitasみたいにならなければいいな、、、

      削除
  2. たまに爆発してるRpK見るの好きだったんだけどなぁ

    返信削除
  3. RpKを蹴るのか・・・。

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link