Amazon ゲーミングデバイス祭り

ロシアを拠点に活動する音楽グループのThe Chalkeatersが、Valveをテーマにした楽曲「COUNT TO THREE」をリリースしています。

ゲーム業界のミームを中心にした楽曲を製作するロシアの音楽グループThe Chalkeatersは、Valveをテーマにした新曲「COUNT TO THREE」を発表。フィーチャリングには、Valveの人気ゲームの1つ「Portal」に登場するGLaDOSの声優を担当するEllen McLainが参加しており、ミュージックビデオにはValve CEOのゲイブ・ニューウェル本人が出演しています。

ゲイブ・ニューウェル本人の「Is this what you've been waiting for? Say "One, two, ... and four!"(皆さんが待っているのはこれですか? 1、2、、4と言いましょう!)」から始まるミュージックビデオは、Valveが制作するLeft 4 Dead、Portal、Half-Lifeなどの人気ゲームは「3番目のシリーズがリリースされない」といったことを皮肉る楽曲。タイトルの「COUNT TO THREE(3を数えましょう)」も、まさにそれを意味するタイトルとなっています。

歌詞には、Valveが毎シーズン新たなゲームをリリースしない理由、これまで莫大な収益を上げてきたValveに新作ゲームを急かさせる内容が含まれており、Valveのゲームをプレイするユーザーなら、誰しもが楽しめること間違いなしの動画です。

2021年3月31日に公開された動画は、既に20万回再生を超えるヒットを見せており、Spotifyなど、各種音楽ストリーミングプラットフォームで配信中です。

また、The Chalkeatersは、これまでに「あつまれ どうぶつの森」と「DOOM Eternal」のコラボ楽曲や、「クッパ姫の唄​」など、ゲーム業界のミームをテーマにした様々な楽曲をリリースしており、「あつまれ どうぶつの森 × DOOM Eternal」の異色の組み合わせの楽曲「Eternal Horizons」は、YouTubeで3,000万回を超える再生回数を記録しています。

関連記事
「EZ4ENCE」を手掛けたThe Verkkarsによる新曲「Winlandia」が公開
ENCEの応援ソング「EZ4ENCE」がフィンランド国内のSpotifyランキングTOP5に

コメント


Sponsored Link