Amazon ゲーミングデバイス祭り

スペインに拠点を置くeスポーツチーム「MAD Lions」がCS:GO部門の再構築をアナウンスしています。

今月17日、Golden Five、Virtus.proの活躍で知られるkubenを新コーチに発表したMAD Lionsは、CS:GO部門の新ラインナップとしてヨーロッパ中から選出した6人の若手選手を発表。TMB、tudsoN、Woro2k、keen、jL、sausolの6人を獲得しています。

TMB、tudsoNは既に競技シーンの活躍で知られていますが、ラインナップの殆どがこれまでTier2シーンで活躍してきた選手で、年齢は19歳~20歳となっています。また、19歳のWoro2kは、2020年の年間プレイヤーランキングにs1mpleが選出された際に、今後に期待するプレイヤーとして名前を挙げていたことで知られています。

今回のラインナップについて、MAD Lions CS:GO部門でシニアマネージャーを務めるRejinは「私たちは若手選手にチャンスを与えることができとても興奮しています。彼らは自分自身の力を発揮したいと思っています。選手たちの背後にいるコーチングスタッフのおかけで、私たちは何か素晴らしいことを成し遂げようとしています。時間はかかりますが、長い目で見ていこうと思います。」とコメントを残しています。

新たにCS:GO部門を立て直したMAD Lionsのラインナップは以下になります。チームは、今月末にスタートするFunspark ULTI 2021 ヨーロッパ予選へ出場予定です。

 Thomas "⁠TMB⁠" Bundsbæk
 Filip "⁠tudsoN⁠" Tudev
 Volodymyr "⁠Woro2k⁠" Veletniuk
 Kristers "⁠keen⁠" Dārznieks
 Justinas "⁠jL⁠" Lekavicius
 Pere "⁠sausol⁠" Solsona Saumell
 Jakub "⁠kuben⁠" Gurczynski (コーチ)
 Jonathan "⁠MusambaN1⁠" Torrent (アシスタントコーチ)

3 コメント

  1. おーWoro2kとうとう出てくるんだ
    ちょくちょく配信見てるけどAWPはs1mpleが推薦するだけあって凄まじい

    返信削除
  2. Woro2k配信でよく見るしforZeの助っ人してたりで期待

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link