「G2 Esports」がRMR 2020のステッカー販売を促す虚偽の情報を発信したことがコミュニティで話題となっています。

今月1日、G2 Esportsは公式インスタグラムのストーリーで、「(RMR 2020の)カプセルの販売は本日が最終日です。」と投稿。ステッカー販売を促す投稿を公開しました。

カプセル、ステッカー共に、公式から販売終了のアナウンスが無かったことから、コミュニティは大混乱。情報を信じたファンが購入したことが原因か、Steamマーケット上では、G2のステッカーが3割ほど、価格が高騰する事態となりました。

G2 Esoprtsの投稿を受け、普段は滅多にツイートをしないCS:GO公式Twitterが反応。「私たちはRMRステッカーの杯盤終了期間をチームに伝えておらず、この件に関する連絡は全て公に公開されます。この情報が原因で、RMRカプセルを購入された方、またはその他の理由で購入された方は、未開封であることを理由に"help.steampowered.com"から返金の申請を行うことが出来ます。」とツイートし、誤って購入したユーザーへ返金保証を実施する処置を発表しています。

また、G2 Esportsは同件について、「ヒューマンエラー」、「単純なミス」と述べ、インスタグラムのストーリー投稿に関する謝罪文を公開しています。

関連記事
NiKoは2014年にアジアのCS:GOシーンへ参入を予定していた、インドのex-CS:GOプロが明かす

コメント


Sponsored Link