ドイツの老舗eスポーツチーム「SK Gaming」が、CS:GO部門の再結成を示唆するツイートを投稿しています。

SK Gamingは、チームの公式Twitterで「SK BACK TO CS:GO(ポルトガル語より翻訳)」とツイート。ブラジルのCS:GOシーンへ再参入を示唆する意味深なツイートを投稿しています。

SK Gamingは、CS1.6ではスウェーデンのラインナップで知られていましたが、2016年に当時世界ランキング1位だったブラジルチームLuminocityを買収。MIBRへ売却するまでの約2年、ブラジルを拠点に、CS:GOで活動を続けています。

昨年のMIBR解散を機に、ブラジルのCS:GOシーンはシャッフルに入っており、ex-BOOMのメンバーはMIBRへ加入、TACO、felpsはGODSENTへ移籍、FalleNはLiquidへ移籍と、大幅なメンバーシャッフルが行われています。

現在、ex-MIBR(kNg、trk、LUCAS1、vsm、Cogu、HEN1(?))のメンバーがフリーとなっていますが、SK Gamingが再参入する場合、ex-MIBRのメンバーを買収が濃厚でしょうか。

そして、ferはどこへ行くのか。

そして、SKのツイートに乗っかるiBUYPOWER

関連記事
Luminosity Gamingがブラジル人ラインナップでCS:GO部門を開設か、CEOのツイートがコミュニティで拡散

4 コメント

  1. ex-BOOT→ex-BOOM ?

    返信削除
    返信
    1. ご連絡ありがとうございます。修正致しました。

      削除
  2. iBUYPOWER自体はVALVE主催の大会出れるんけ?

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link