アジア大会「ROG Masters APAC 2021」が賞金総額3.26万ドル(約340万円)で開催されることが発表されています。

ROG Masters APAC 2021 Finals

ROG Masters APAC 2021 Finalsは、アジア各国の予選を勝ち抜いた計16チームが出場する賞金総額3.26万ドル(約340万円)のオンライン大会です。

大会の出場登録は、2月8日から28日の約1ヵ月となっており、3月下旬から4月末まで開催される国内予選を勝ち抜いた計15チームが本戦へ出場します。国内予選は以下の15地域で開催れます。

(追記)本日、日本向けの特設サイトがオープン。エントリー締め切りは4月2日。

  •  日本
  •  韓国
  •  香港
  •  インド
  •  シンガポール
  •  フィリピン
  •  インドネシア
  •  ベトナム
  •  オーストラリア
  •  タイ
  •  バングラデシュ
  •  スリランカ
  •  カンボジア
  •  ミャンマー
  •  マレーシア

大会概要

  • 大会名:ROG Masters APAC 2021 Finals
  • スケジュール:未定
  • 賞金総額:32,600ドル(約340万円)
  • 出場チーム:16チーム
  • 予選:3月下旬から4月末
  • エントリー:リンク

3 コメント

コメントを投稿


Sponsored Link