Amazon ゲーミングデバイス祭り

韓国のeスポーツチーム「Gen.G Esports」が、CS:GO部門の解散を正式にアナウンスしています。

2019年12月、autimatic、koosta、BnTeT、s0m、dapsの5人を獲得し、北米のCS:GOシーンへ参入を発表したGen.Gは、約1年間の活動を経て、CS:GO部門の解散を発表。YouTubeでは、T1 VALORNAT部門へ移籍したautimaticの声明と共に、動画の最後には「CS:GO部門のチームとはたくさんの思い出を作ることが出来ました。しかし、その度も終わりを迎えました。サポートしてくれた全ての人々へ感謝を送ります。」と、CS:GOシーンより正式に撤退することを明かしています。

Gen.Gは、DreamHack Open Anaheim 2020での優勝に加え、ESL One Road to Rio NAでFURIAを破り優勝を勝ち取っていますが、2020年後半の成績は低迷。今年1月に、CS:GO部門のメンバーの移籍リスト追加が発表されました

1月の声明では、「CS:GOシーンが厳しい時期であることを認識しており、2021年に向けてどのようにシーンが発展していくかを観察しています。」と述べ、今後のシーンの状況を加味しつつ、今後を決定することを明かしていましたが、今回の発表により正式にシーンから撤退となります。

Gen.G CS:GO部門に所属したメンバーは以下になります。

 Timothy "autimatic" Ta (T1 VALORANT部門へ移籍)
 Kenneth "koosta" Suen (Gen.G VALORANT部門へ転向)
 Hansel "BnTeT" Ferdinand (EXTREMUMへ移籍)
 Chris "Elmapuddy" Tebbit (Cloud9へ移籍)

コメント


Sponsored Link