Amazon ゲーミングデバイス祭り

eスポーツチーム「Dignitas」がチームロゴを変更、オリジナルに現代風なアップデートを加えた新デザインを発表しています。

アメリカを拠点に置くeスポーツチームDignitasは、2018年11月にチームロゴ、部門構築など大幅にリブランディング、チームロゴはオリジナルから大きく変え、フクロウをシンボルとしたロゴへ変更しました。

ロゴをアップデートして約2年、オリジナルをベースに現代風に落とし込んだ新デザインを発表。公式声明では「長年のファンを再び呼び戻したい」とコメントを残しており、オリジナルにアップデートを加えることで、新旧の新たなファン獲得を目指す意向を発表しています。

現在は停滞期を彷徨うDigtanis CS:GO部門ですが、オリジナルをベースとした新デザインへの変更により、メジャー大会に出場した際には昔ながらのステッカーがゲーム内で見ることができるかもしれません。

現在のAstralisの中心メンバーが在籍した2014年、当時のメジャー大会ステッカーは数万円~数十万円で取引される。

昨年1月、f0rest、GeT_RiGhT、Xizt、friberg、hallzerkを集め、CS:GO部門を再結成したDignitasですが、当時のメンバーで在籍するプレイヤーはf0rest、friberg、hallzerkの3人。現在は結果が残せない日々が続いていますが、2021年の活躍に期待が高まります。

2 コメント

  1. "を" がホールザークの前に来ています。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。修正いたしました。

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link