HLTVが算出した2020年のクラッチ回数ランキング1位にComplexity所属のblameFがランクインしています。

世界最大級のCS:GOメディアHLTVは、2020年に行われた全試合の統計を基にクラッチ回数のランキングを算出、1位~10位は以下のようになっています。(カッコ内は1vs1時の勝利パーセンテージ)

1位 - blameF - 86回 (57.2%)
2位 - ZywOo - 84回 (60.7%)
3位 - xsepower - 82回 (59.0%)
4位 - shox - 82回 (52.7%)
5位 - nexa - 78回 (60.5%)
6位 - broky - 75回 (66.0%)
7位 - s1mple - 75回 (58.8%)
8位 - tiziaN - 75回 (68.3%)
9位 - syrsoN - 74回 (59.7%)
10位 - HEN1 - 72回 (57.8%)

Clutch Kingの異名を持つAstralis所属のXyp9xは、2020年のクラッチ回数ランキングではランク外。2020年5月~10月まで競技シーンから休養を取っていたことが大きな理由と推測されます。

3 コメント

  1. やはり筋肉か...いつジムに行く?私も同行する

    返信削除
  2. ZywOoが筋肉つけたらヤバイな

    返信削除
    返信
    1. 肉ならあるんだよ!意味ないけど

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link