「Chaos Esports Club」がCS:GOシーンからの撤退を予定していることがDBLTAPより報じられています。

DBLTAPによると、Chaos Esports Clubに出資する投資家の方向性の転向によりCS:GO部門の解散を予定、現在は所属プレイヤーの移籍交渉に取り組んでいることを報告しています。

2015年に設立されたeスポーツチームChaos Esports Clubは2018年にCS:GOシーンへ参入、Maikelele、pronax率いるスウェーデンのプレイヤーで構成されたチームを設立しましたが、2019年にはNAへ拠点を変更、steelをキャプテンとしたチームへ再構築しました。

今年8月にはアメリカの人気ラッパーPusha T、Logicが出資者に参加し話題を集めましたが、現状のNAシーンを考慮した場合、無難な判断かもしれません。

また、奇しくも現在開催中のIEM Beijing-Haidian 2020 プレイオフ準決勝ではEvil Geniusesを破り決勝へ進出、決勝でTriumphに勝利した場合、優勝賞金と共にIEM Global Challenge 2020への出場権を獲得します。

現在のChaos Esports Clubのラインナップは以下になります。

 Anthony "vanity" Malaspina
 Erick "Xeppaa" Bach
 Nathan "leaf" Orf
 Jonathan "⁠Jonji⁠" Carey
 Edgar "⁠MarKE⁠" Maldonado
 Matthew "mCe" Elmore (コーチ)

関連記事
Chaos所属の16歳のプレイヤーleafがチート疑惑、様々な有名プレイヤーがチート使用疑惑について言及
Chaos、MIBRがTwitterで激しい論争を繰り広げる
「CS:GO部門は多くのチームにとって最悪のビジネス」、CS:GOジャーナリストが語る

6 コメント

  1. 嘘だろ?NACS終了じゃん
    6人まとめて買い取ってくれる組織が現れることを願う

    返信削除
  2. まじでNAが死んでしまう

    返信削除
  3. chaosでNA終了ってネタだよね>

    返信削除
  4. でも今のchaos結構強い

    返信削除
  5. こういう若いプレイヤー抱えた優秀なチームが終わってしまうのは悲しい
    このチームなくなるとあとNAにあるのはLiquidやブラジル勢を除けば有象無象のtier2しか残らない

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link