CS:GOの平均プレイヤー数、同時接続者数が3ヵ月ぶりに上昇していることがSteamChartsより明らかになっています。

Steamで展開される各種ゲームタイトルの統計を確認できるサイトSteam Chartsによると、3ヶ月間右肩下がりだったCS:GOの平均プレイヤー数、同時接続者数が3ヵ月ぶりに上昇、7月の平均プレイヤー数と比較し約1.4万人上昇した64万人、同時接続者数は約6.8万人増加した92.5万人を記録しています。

2019年11月~2020年8月の統計 - SteamCharts

今年4月にベータ版がリリースされ、6月に正式リリースがスタートしたVALORANTの影響もあり、5月以降は下降傾向でしたが8月には約3ヵ月ぶりに平均プレイヤー数、同時接続者数の両方が上昇、3ヵ月ぶりの上昇とはなりますが、リリース以降から2019年の統計と比較すると一貫して高い数値となっています。

コメント


Sponsored Link