「Natus Vincere」がHLTV世界ランキング1位へ、2018年から2019年まで世界ランキング1位を長期に渡り独占した「Astralis」は9位まで転落しています。

CISのRMRポイント採用大会「WePlay! Clutch Island」でVirtus.pro、Gamnbit Youngsters、Spirtiといったチームを破り見事優勝を獲得したNatus Vincereは世界ランキング1へ上昇、6月15日に世界ランキング1位から転落して以来、約2週間ぶりとなる王座獲得となりました。

1位から10位は以下のようになっており、チーム初となる1位へランクインしたG2は3位へランクダウンし、Xyp9x、gla1veといったコアメンバーがベンチに移動したAstralisは9位まで転落となりました。


11位から20位は以下の通りで、WePlay! Clutch Islandで準優勝を獲得したSpiritが3つ順位を上げ15位へランクアップ、その他には大きな変動は無しとなっています。


WePlay! Clutch Islandで3位、4位を獲得したVirtus.pro、Nemigaが大幅に順位を上げ22位、24位へ上昇、ベラルーシのチームNemigaはチームで初となる25位圏内となりました。


今大会はCIS地域のチームを中心としたランキング変動となっており、現在はcs_summit 6 Europe/North Americaが開催中のため、当大会が終了する7月5日には再び大きなランキング変動が行われることが予測されます。

2 コメント

  1. 最後のところ党大会なってますよ笑

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。修正いたしました。

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link