「Astralis」が2位へ転落、「Natus Vincere」がHLTV世界ランキング1位へランクインしています。

先月の初め、Astralisは約2ヵ月半ぶりにHLTV世界ランキング1位へと順位を上げましたが、総額225万ドル(約2.4億円)が寄付されるチャリティ大会Gamers Without Borders 2020で見事優勝、再び約2ヵ月ぶりとなる世界ランキング1位へとランクインしました。

AstralisはESL One Road to Rio Europeで1位を獲得し、直近の大会成績は良いですが、2人のプレイヤーを変更したことにより、ポイントが低下、結果として2位へ順位を落とす結果となりました。

ランキング1位から10位は以下のようになっており、大幅には変わっていないものの、G2が4位から3位へと順位を上げています。


11位から20位は以下のようになっており、今年3月には28位だったSpiritが少しずつ順位を上げ、遂に13位へランクイン。SpiritはESL One Road to Rio CISで1位、現在開催中のDreamHack Masters Spring 2020 EuropeではFnatic、GODSENTを破るなど、快進撃を見せています。


21位から30位は以下より。ENCE、Heroicといったチームが順位を上げ、OGは20位以下に転向となりました。

1 コメント

コメントを投稿


Sponsored link



Sponsored link