競技シーンより休養を取ることを発表したolofmeisterに対して同チームに所属するNiKoのコメントが話題となっています。

今月24日、olofmeisterはモチベーション低下や競技シーンの疲労により活動休止を発表、疲労から回復するまでは競技シーンでの活動を休止することを発表しました。

olofmesterの活動休止に対して、同チームに所属するNiKoは「全てをありがとう。私たちが共に共有してきた素晴らしい思い出と悲しい思い出を思い出します。あなたにとってどのような旅でしたか。モチベーションを回復して、シーンに戻ってくることを願います。あなたは辞めるには早すぎるプレイヤーです。」と述べ、olofmeisterがプロのシーンへ復帰することを望んでいる意向を明らかにしています。


2010年からCounter Strikeのキャリアをスタートしたolofmeisterは、3年間在籍したFnaticでは2度のメジャー大会優勝を獲得、FaZeへ移籍後はELEAGUE Premier 2017をはじめ、ECS Season 4 Finalsといった国際大会で優勝を獲得しました。

現時点で、olofmeisterに代わるプレイヤーは発表されていませんが、DBLTAPによるとFaZeはolofmeisterに代わりリトアニア出身の16歳のプレイヤーBymasと交渉を行っていることが明らかになっています。

コメントを投稿


Sponsored link



Sponsored link