「FLASHPOINT Season 1」にて「Dignitas」hallzerkに代わりGuardiaNがスタンドインすることが発表されています。


今月13日よりスタートする賞金総額100万ドルの大会FLASHPOINT Season1にて、DignitasはhallzerkのVISA取得が間に合わないことを理由に、現在Natus Vincereのベンチに入るGuardiaNをローン契約といった形で起用することを発表しています。

DignitasはhallzerkのVISAが取得でき次第ラインナップに復帰することを発表しており、その期間中、チームには代わってベテランプレイヤーGuardiaNが参加します。


GuardiaNは、昨年9月にFaZeよりNatus Vincereに移籍しましたが、成績不振を理由に今年1月にベンチ入りを発表、現在は他チームからのオファー待ちといった形で、スタンドインとはなりますが約3ヵ月の公式戦復帰となります。

DignitasはFLASHPOINT Season 1にて以下のラインナップで出場予定です。

 Adam "friberg" Friberg
 Richard "Xizt" Landström
 Patrik "f0rest" Lindberg
 Christopher "GeT_RiGhT" Alesund
 Ladislav "GuardiaN" Kovács
 Robin "Fifflaren" Johansson (コーチ)

6 コメント

  1. かつてnipを翻弄した最強スナイパーが味方になる展開は胸熱や

    返信削除
  2. 5年前にやってほしかったラインナップだけど今でも普通に楽しみ

    返信削除
  3. 消費期限切れレジェンズ最高に楽しみ(若干一名除く)
    NiPのAWPerは最後まで大事なところで外して味方死なせてクラッチをたまに決めがちだったから
    初めてf0restよりまともなAWPerが見れそう
    もっと早く実現していたら全盛期fnaticもボコれた感あるし、GuardiaNも1位取れてたかも

    返信削除
    返信
    1. 変なところに()つけちゃったから一人ディスってるみたいになっちゃった
      f0restはまだまだイケイケって言いたかっただけです

      削除
  4. 応援したくなるチームっていいよね

    返信削除
  5. こんなに楽しみなチームは他にない

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored link


Sponsored link



おすすめ記事