Amazon ゲーミングデバイス祭り


「ESEA Season 33 Asia-Pacific Open」にて現在日本チーム「Ignis」が10勝2敗で首位に位置しています。

ESEA Season 33 Asia-Pacific Openは2月の初めよりスタートする全試合総当たりのリーク形式の大会で、優勝した1チームは4月にアメリカ・ダラスにて行われるESEA Season 33 Global Challengeへの出場権を獲得します。また、ESEA Season 33 Global Challengeの上位3チームはESL Pro League Season 12への出場権を獲得します。

ESEA Season 33 Asia-Pacific Openには、AUGUST、MVP PK、Mazaalai、Lucid Draem、BTRG、Huat Zai*、D13などのアジア強豪チームが出場しており、日本よりはIgnis、DFWNの2チームが出場しています。

*元BOOT-d[S]のBenkai、splashskeが在籍するシンガポールのチーム。

現在、Ignisは数回の不戦勝もありますが、10勝2敗で1位に位置しており、プレイオフ進出は濃厚かと予測されますが、Mazaalai、Huat Zai、MVP PK、AUGUSTなどのチームとの試合も控えており、気が抜けない戦いとなります。


ヨーロッパ、北アメリカ、オーストラリアと比べHLTVでの試合情報が無いことに加え、アジアリーグから本戦への出場枠は1枠と非常に狭き門のため注目度は低くなっていますが、興味のある方はESEAの公式サイトより試合スケジュールが確認できるため、チェックの方をよろしくお願いいたします。

1 コメント

コメントを投稿


Sponsored Link