「Cloud9」に「ATK」CSGO部門が加入したことを発表しています。


南アフリカに拠点を置くeスポーツチームATKは、今年9月にチームにアメリカの若手プレイヤーmotm、floppy、oSeeの3人が加入、ESL Pro League Season 10 Finalsではチーム初となるS-Tier大会の中、G2、Northを破りBSET8を獲得しています。

チームのエースプレイヤーfloppyはRating 1.18、Sonicは1.14と安定したスコアを記録しており、motm、oSee、JTは1.12、1.09、1.06とメンバー全員がRating 1.00を超えており、個人技の高さが光るチームとなっています。


チームのコーチを務めるT.cは、「Cloud9に参加することはチーム全体にとっての夢であり、このような権威あるチームを代表することに私たち全員がどれほど興奮しているか、言葉では言い表せません。この機会をくれたチームに感謝しています。今後も成長を続け、新たな高みを目指して努力します。私たちのチームはまだ非常に若くチームのサポートにより、どこまで成長できるかを楽しみにしています。」とコメント、トップを目指す意向を発表しています。

また、現在ベンチに入っているmixwellは引き続きオファーを公開することを発表、TenZも同様に引き続きチームに所属し配信活動を中心に行うことを明らかにしています。

Sonicが21歳で、残るメンバー全員が20歳と非常に若いチームですが、既にオンライン大会などでは結果を残しており、コミュニティでは2020年に注目したいチームの1つとして取り上げられています。

新たにCloud9に加入したチームのラインナップは以下になります。チームは、明日1月8日08:00よりIEM Katowice 2020 North America Closed予選にてRiot Squadと対戦します。

 Johnny "JT" Theodosiou
 Ian "motm" Hardy
 Ricky "floppy" Kemery
 Josh "oSee" Ohm
 Aran "Sonic" Groesbeek
 Tiaan "T.c" Coertzen (コーチ)

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link