賞金総額10万ドル「DreamHack Open Anaheim 2020」に出場する8チームが決定しています。

DreamHack Open Anaheim 2020

DreamHack Open Anaheim 2020はアメリカ・カルフォルニア州・アナハイムにて2月21日から23日の3日間にかけて行われる賞金総額10万ドル(約1100万円)のオフライン大会です。

招待された4チームに加え、アメリカ・ヨーロッパ予選、ESL Premiership Winter 2019を勝ち抜いた計8チームが出場します。

出場チーム

 ENCE (招待)
 MIBR (招待)
 FURIA (招待)
 North (招待)
 forZe (ヨーロッパ予選)
 Gen.G (アメリカ予選)
 compLexity (アメリカ予選)
 Endpoint (ESL Premiership Winter 2019)

招待チームとしてENCE、MIBR、FURIA、Northの4チームが招待されています。従来であれば、ENCE、MBIRといったチームはOpen系列の大会には出場しない印象ですが、ESL Pro Tourの新システムのOpen系列の大会で優勝するとMaster/ESL/IEM系列の大会への出場権を獲得できることから出場を決めたと考えられます。

ヨーロッパ予選ではCIS地域のトップチームforZe、アメリカ予選では新たにアジアのトッププレイヤーBnTeTが加入したGen.G、k0nfig、poizonといったヨーロッパのプレイヤーが加入したcompLexityが出場を決めています。また、Gen.Gにとって今大会は初のオフライン大会となります。

ESL Premiership Winter 2019では、新たにPhoenix(ex-Esplion)のメンバーを獲得したEndpointが優勝し、出場を手にしています。

配信先


賞金プール

1位 - $50,000 + DreamHack Masters Jönköping 2020
2位 - $20,000
3-4位 - $10,000
5-6位 - $3,000
7-8位 - $2,000

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link