「Astralis」の賞金獲得総額が800万ドル(約8.7億円)を突破したことがEsports Earningsより明らかになっています。

Esports Earningsによると、デンマークのチームAstralisの獲得賞金総額が800万ドル(約8.8億円)を突破、現時点の賞金獲得総額は$8,072,918(約8億8260万円)となっています。

Astralisは今年11月に行われたIEM Bejing 2019に引き続き、今月はECS Season 8 Finals、BLAST Pro Series Global Final 2019と賞金プールが比較的高額な部類に入る大会において優勝を獲得、CSGOチームで初となる800万ドル代の賞金獲得総額となりました。

現時点でAstralisは全eスポーツチームの賞金獲得総額ランキングにて17位に位置しており、CSGO部門のみを保有するチームとしては1位となります。また、賞金獲得総額ランキングの上位に位置するチームの殆どはDota 2部門を保有しており、Liquid、Evil Geniuses、Fnaticといったマルチゲーミングチームがランキング上位に位置しています。


昨年の2018年、Astralisは10度の国際大会優勝を果たしており、2018年の1年のみでの賞金獲得総額は$3,651,650(4.1億円)のため、来年の大会成績次第ではCSGOチーム初の1000万ドルをを達成する可能性が十分にあります。

2019年はAstralis、Liquidともにライバルチームとして多くの大会で競い合い、2019年中期はLiquidがシーンを制しましたが、徐々に調子を上げたAstralisは年末にかけ大会で連覇、2回のメジャー大会優勝と3つのタイトルを獲得したAstralisにとって、昨年同様に2019年もAstralisの年だったと言えるでしょう。

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link