賞金総額50万ドル「EPICENTER 2019」にて「Vitality」が「mousesports」を破り優勝、MVPは平均Rating 1.51を獲得したZywOoが受賞しています。

EPICENTER 2019

EPICENTER 2019はロシア・モスクワにて12月17日から22日の6日間にかけて行われた賞金総額50万ドル(約5400万円)のオフライン大会です。招待された5チームと、ヨーロッパ、CIS、アジアの各予選を勝ち抜いたそれぞれ1チームの計8チームが出場しました。

決勝 Vitality vs mousesports


 Vitality [2-1]  mousesports
 Vitality [16-19]  mousesports (Inferno)
 Vitality [16-12]  mousesports (Mirage)
 Vitality [16-9]  mousesports (Nuke)

決勝はエースプレイヤーZywOoが所属するフランスのチームVitalityと現在国際大会3連覇中のmousesportsの対戦が行われました。

1stマップVitalityピックのInfernoではZywOoが35キルを記録しチームをリードしますが、mousesportsが接戦の末19-16で勝利、1stマップを獲得しました。

2ndマップのMirageではfrozenの1v3クラッチ、karriganのUSP4ヘッドショットが決まりハーフラウンドまで拮抗した試合が進みますが、後半ラウンドでVitalityが8ラウンドを連取、16-12でVitalityが2ndマップを獲得しました。また、1stマップに続きZywOoが33キルを獲得し、Ratingは驚異の1.87を記録しています。



3rdマップのNukeは序盤よりVitalityがラウンドを連取、mousesportsもラウンドを返しますが16-9でVitalityが3rdマップを獲得、EPICENTER 2019のチャンピオンに輝きました。

3マップを通してmousesportsのropzが健闘するも、VitaityのエースプレイヤーZywOoが87キル48デスと一貫して安定したスコアを記録、また決勝ではZywOoに続き、ALEX、RpKが試合の要となる部分で活躍しチームを優勝に導きました。


MVP


MVPは今大会で行われた10マップを通して平均Rating 1.51を記録したVitality所属のZywOoに選出されています。ZywOoはプレイした全試合にて平均以上のRatingを記録、特に接戦にもつれ込んだ決勝1stマップ、35キルを獲得しチームをリード、2-1でチームを優勝に導きました。

また、今大会はZywOoにとって5つ目のMVP獲得となり、年間を通して5つ目となるMVP獲得となりました。


配信アーカイブ (日本語配信)



最終順位

1位 -  Vitality ($250,000)
2位 -  mousesports ($120,000)
3-4位 -  Evil Geniuses ($40,000)
3-4位 -  Heroic ($40,000)
5-6位 -  Natusu Vincere ($15,000)
5-6位 -  forZe ($15,000)
7-8位 -  Virtus.pro ($10,000)
7-8位 -  EHOME ($10,000)

8 コメント

  1. 平均1.51ってなんやねん......

    返信削除
  2. 「特に接戦にもつれ込んだ決勝1stマップ、35キルを獲得しチームを勝利に導きました。」
    記事の書き方適当すぎだろ決勝1stマップとれてないだろ。

    返信削除
    返信
    1. 誠に申し訳ございません。修正致しました。

      削除
    2. ほんやくしてもらってそれを提供してもらってる立場なのにくそみたいな言い方やな
      勝手に自分でhltv見とけ

      削除
    3. 提供してもらってるからって適当に書いていい訳ないだろ
      てかそんなに酷い言い方してないやろ落ち着けよ

      削除
    4. これ噛みついた俺が悪かったわ すまん

      削除
  3. 未だにshoxとapexが同じチームなのが違和感ある

    返信削除
  4. shoxスコア全然伸びてないね…

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link