s1mpleのTwitchチャンネルが再びBAN、s1mpleはTwitchに対しパートナーシップ契約解除を要求していることが明らかになっています。


今月29日、Natus Vincereに所属するs1mpleのTwitchチャンネルがBANされたことが明らかになっています。s1mpleのTwitchチャンネルは100万人以上のフォロワーを誇り、配信頻度も高くCSGOコミュニティの中で人気配信の1つでしたが、現在BANについての原因は明らかになっていません。

s1mpleのTwitchチャンネルのBANは今回が初ではなく2回目で、1回目は今年8月にs1mpleが配信中に冗談で発した同性愛嫌悪の発言を理由にTwitchチャンネルがBAN、約1週間のチャンネル停止の処置が為されました。

また、s1mpleはTwitchチャンネルのBANの発表後、自身のTwitterにて「言葉の意味を間違って理解しているひどい配信プラットフォームにうんざりしています。このようなことでBANになるのなら他の配信者もルールも同じはずです。」とツイート、Twitchに対しての批判のツイートを投稿しています。


上記のツイートに加え、s1mpleは「チャンネルがBANされているため、自分でTwitchのパートナーシップの契約を解除することはできません。代わりに@Twitchさん、パートナーシップ契約を解除してくれますか?」とツイート、Twitchに対してパートナーシップの契約を解除することを要求しています。


多くのTwitchパートナーがTwitchで独占的に配信する契約となっているため、もし他の配信プラットフォームで配信する場合にはパートナーシップ契約を解除する必要があります。今回、もしs1mpleのパートナーシップ契約が解除された場合、NinjaやShroudといった人気配信者と同様にmixerへ移籍するのではないかとコミュニティでは話題になっています。

3 コメント

  1. 話題に事欠かないな彼はww今度は何してBANされたんよ

    返信削除
  2. またPidorって言ってBANされたのかな
    英語と違ってロシア語は悪口がデフォみたいなとこあるし仕方ない気もするんだよな

    返信削除
  3. 自分もゲイですって言ってguardianとキスしてる画像投稿すれば守ってもらえるのに

    返信削除

コメントを投稿

Sponsored link

Sponsored link



おすすめ記事