賞金総額約260万円「WESG 2019 日本予選」の登録がスタートしたことが発表されています。また、国内予選決勝は東京で開催されることが発表されています。


WESG 2019

WESG 2019は、2020年3月に中国・重慶市で行われる賞金総額100万ドルのオフライン大会です。本戦には各国の地域予選を勝ち抜いた24チームが出場します。

今年3月に行われたWESG 2018では、日本予選を優勝したチームが本戦へと出場しましたが、今年度のWESG 2019では日本予選で優勝を獲得したチームが2020年1月にマレーシア・クアラルンプールで行われるWESG 2019 Asia-Pacificへ出場、WESG 2019 Asia-Pacificでは優勝、準優勝を獲得した2チームが3月に行われる本戦へと出場します。

WESG 2019 日本予選

WESG 2019 日本予選は、12月5日(木曜日)から8日(日曜日)にかけて行われれるオンライン予選にて勝ち抜いた上位2チームが、12月14日(土曜日)に東京で行われるオフライン決勝へと進み、優勝賞金200万円とAsia-Pacific予選への出場権をかけ対戦します。

WESG 2019 日本オンライン予選への出場登録はリンクより登録できます。また、出場登録リンクより確認できる参加条件には「参加選手は、日本国籍、もしくは日本での永住権を有していること。」や、「2019年12月に東京で開催されるWESG日本予選決勝大会、および2020年1月にマレーシアで開催されるアジアファイナル、2020年3月に中国で実施されるWESGのグランドファイナルに出場できること。」「登録人数には、マネージャーも含む。マレーシアで開催されるアジアファイナル及び、中国で開かれるGrand Finalに参加する日本代表チーム渡航費に関しては、アリスポーツが負担するが、最大6人分までとする(例:選手5人+マネージャー1人など)。」などの参加条件、ルールが記載されているため、出場するチーム、プレイヤーは一度目を通しておきましょう。

スケジュール

12月5日(木曜日)~12月8日(日曜日) : WESG 2019 日本オンライン予選
12月14日(土曜日) : WESG 2019 日本予選 決勝 (日本・東京)
2020年1月2日~1月5日 : WESG 2019 Asia-Pacific (マレーシア・クアラルンプール)
2020年3月某日 : WESG 2019  (中国・重慶市)

WESG 2019 日本オフライン決勝 賞金

1位 - 20,000ドル (約220万円)
2位 - 4,000ドル (約40万円)

コメントを投稿

Sponsored link

Sponsored link



おすすめ記事