直近1年間のAK47・SG553、M4A4・M4A1-S・AUGの各購入率をグラフ化したものがRedditにて話題になっています。

omniscientbeet氏は、昨年9月に行われたメジャー大会FACEIT London Major 2018よりESL One New York 2019までのテロリスト、カウンターテロリストのメインアサルトライフ、AK47・SG553、M4A4・M4A1-S・AUGの各購入率をグラフ化した画像を公開しました。




SSG558、AUGは昨年10月のアップデートで金額が変更されて以来購入率が上昇、今年2月に行われたメジャー大会IEM Katwice 2019ではAUGの購入率は75%に近づき、アップデートにより価格は元の$3300に変更されたもののcs_summit 4では遂に75%を突破、M4A4、M4A1-Sの購入率は合計しても約25%となりました。

しかし、価格変更に加え6月には武器性能自体の弱体化がアップデートで変更され、徐々に購入率は低下しました。

一方、テロリスト側の武器SG553は、アップデート直後は数%購入率が上がる程度でしたが、先月末に行われたESL One New York 2019では40%を記録し、現在多くのプロプレイヤーがSG553の弱体化を求めているといった状況となっています。

コメントを投稿

Sponsored link

Sponsored link



おすすめ記事