「GALLERIA GLOBAL CHALLENGE 2019 × 宴」玄武・朱雀トーナメント決勝にて「Updraft」「SCARZ」がオフラインプレイオフへの進出権を獲得しています。

GALLERIA GLOBAL CHALLENGE 2019

GALLERIA GLOBAL CHALLENGE 2019(通称:GGC 2019)は9月22日~23日にかけて行われる優勝賞金100万円のオフライン大会です。8月24日よりスタートするオンライン予選は全部で4つのグループに分けられており、各グループの優勝チームがプレイオフへの出場権を獲得します。

玄武トーナメント 決勝



玄武トーナメントでは、経験豊富なプレイヤーで構成されるUpdraftとプロチームV3Esportsが対戦しました。V3EsportsはDay3にて4戦連続で対戦しており、5FLAGSやCriterionといった国内の上位チーム勝利し決勝へ進出しましたが、決勝にてUpdraftに惜しくも敗退、Updraftがプレイオフへの切符を手に入れました。

朱雀トーナメント 決勝


朱雀トーナメントでは、Day1-2で即席とは思えない連携力を見せた即席とSCARZが対戦しました。SCARZには昨年のGGC 2018にてRIGで出場したmillion選手に加え、今年の1月~3月にIgnisにでプレイしたpankaja選手がスタンドインといった形で出場しており、Day1-2で実力を見せた即席に対しやや余裕を見せながら勝利、オフラインプレイオフへの出場権を獲得しました。

配信アーカイブ


オフラインプレイオフ出場チーム

 Absolute
 Ignis
 Updraft
 SCARZ

コメントを投稿

Sponsored link

Sponsored link



おすすめ記事