ESLとDreamHackが主催する大会を一括りにしたサーキット形式の「ESL Pro Tour」が発表されています。

ESL Pro Tour

ESL Pro Tourは毎年20を超える開催数を誇るESLとDreamHackの大会を一つのポイント制のサーキットに集約し、年に2回行われるChampionshipに向け競い合います。

ESL Pro TourはChallengerとMastersの2つの形式に分かれ、ChallengerにはDreamHack Open、ESEA MDL、ESL National Championsiopsが含まれ、Challengerの大会は賞金総額が25万ドルを超えるMastersレベルの国際大会への出場権を得られる大会として機能します。Mastersには、ESL One、IEM、DreamHack Masters、ESL Pro Leagueといった大会が含まれます。

そして、これらのサーキットに含む全ての大会は順位によりポイントを得られる形式となっており、ポイントを獲得した上位チームは年に2回行われるIEM Katowice、ESL One CologneのChampionshipレベルへの大会へ出場権を獲得できます。


現在発表されているプレスリリースによると、ESL Pro Tourは「500万ドル(約5.3億円)以上の賞金総額を予定している」と明らかになっており、詳細については9月28日より行われるESL One New York 2019にて発表されます。


コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link