賞金総額25万ドル「DreamHack Masters Malmö 2019」へ出場する16チームが決定しています。

DreamHack Masters Malmö 2019

DreamHack Masters Malmö 2019は10月1日~6日の6日間にかけてスウェーデン・マルメにて行われる賞金総額25万ドル(約2700万円)のオフライン大会です。

大会には招待された11チームと、各地域予選を勝ち抜いた4チーム、DreamHack Open Summer 2019にて優勝したOpTicの計16チームが出場します。

出場チーム

 Astralis (招待)
 FURIA (招待)
 ENCE (招待)
 G2 (招待)
 Liquid (招待)
 Vitality (招待)
 NRG (招待)
 North (招待)
 Natus Vincere (招待)
 NiP (招待)
 Fnatic (招待)
 OpTic (DreamHack Open Summer 2019)
 mousesports (ヨーロッパ予選)
 Envy (アメリカ予選)
 Grayhound (オセアニア予選)
 TYLOO (中国予選)

招待チームにはAstralis、Liquid、ENCE、Vitaity、NRGといった国際大会上位常連チームが招待されています。

また、今月頭に行われたメジャー大会を機に多くのチームがメンバーを変更しており、現時点ではVitality、Na'Vi、G2がメンバー変更を予定しているとリークで明らかとなっています。

また、ヨーロッパ予選では今年3月に現ラインナップでの活動を開始したものの、多くの国際大会にて上位入賞を果たしているmousesports、アメリカ予選では先日脱退を発表したSonicに代わりSingularityよりryannがスタンドインしているEnvyが厳しいヨーロッパ、アメリカ予選を勝ちぬき本戦への出場権を獲得しました。

また、中国予選では新たにDankingをラインナップに追加した事を発表したTYLOO、オセアニア予選ではerkaStに代わり新たにINSが加入したGrayhoundが本戦への出場権を獲得しています。

今大会は東アジア、東南アジア予選といった各アジア地域予選の開催は無く、オセアニア、中国のみでの開催となっています。

コメントを投稿

Sponsored link

Sponsored link



おすすめ記事